知っておきたい不動産売却の基礎をご紹介

不動産売却の際の印紙税とは?

不動産売却の際の印紙税とは? 不動産売却の際の印紙税とは、売買契約書に添付する印紙の代金のことです。
平成26年4月1日から平成30年3月31日までの間に作成される不動産の譲渡に関する契約書については軽減措置がとられています。
1千万円を超え5千万円以下のものならば、本来の税率は2万円ですが、軽減税率は1万円です。
マイホームの売却では多くの場合に5千万円以下となることが多いので、軽減税率が適用される今なら印紙税は1万円以下ですみます。
一般的にはそれほど気にするような金額にはなりません。
50億円を超えるものについては本来の税率は60万円、軽減税率は48万円というようにそれなりの負担となります。
金額が高額になる場合には印紙税もそれなりになるのでしっかりと計算をしておきましょう。
不動産売却の際にかかる手数料としては、仲介手数料が最も高額になりやすいですが、印紙代や抵当抹消登記費用などのその他の費用についても念のために計算をしておきましょう。

不動産売却で代表的な印紙税

不動産売却で代表的な印紙税 不動産を売却する際には、売主側にも支払わなければならない費用がいくつかあります。
その一つが「印紙代」です。
これは、売買契約書などに貼り付ける収入印紙の購入代金のことで、買主だけでなく売主も売買契約書の原本を保管するように決めた場合は印紙代を負担しなければなりません。
実は、この印紙代は、国に納める税金として支払うことになります。
不動産の売買契約書は、印紙税法と呼ばれる法律で課税文書に指定されており、作成する際には必ず適当な場所に収入印紙を貼ることになっています。
不動産の契約に関する文書の場合、印紙税額は書面に記載されている契約金額によって決まります。
例えば、契約金額が1,000万円超5,000万円以下であれば印紙税は1万円となり、5,000万円超1億円以下だと3万円となります。
もし、契約金額が1万円以下であれば非課税ですが、何も金額を記載していない場合は200円を納めなければなりません。
しかし、契約金額が数千円程度になる不動産の売買契約はまずあり得ないので、印紙税は必ず納付しなければならないものとして考えておきましょう。

新着情報

◎2023/7/4

情報を更新しました。
>不動産につきまとうさまざまなリスクについて解説
>不動産の専任媒介契約とはどんな内容なのか
>賃貸物件のオーナーは優れた不動産管理会社に依頼をすることがベストです
>日本で取得することができる不動産関連の国家資格の主な種類
>不動産関係の国家資格を取得するのに確保すべき勉強時間はどれくらいか

◎2018/7/20

価値は公示価格で決まる
の情報を更新しました。

◎2018/5/1

働くのに向いている人
の情報を更新しました。

◎2018/2/22

不動産売買で必要な書類
の情報を更新しました。

◎2017/12/18

不動産売却税を節税する
の情報を更新しました。

◎2017/9/22

売却の際の印紙税
の情報を更新しました。

◎2017/7/26

サイトを公開しました

「不動産 印紙」
に関連するツイート
Twitter

続きまして、印紙税が課される文書等についてお答えいたします。まず、印紙税は取引等において作成される一定の文書を課税対象としております。具体的にはどういった文書がその印紙税の対象になるかということですが、例えば、不動産の譲渡に関する契約書、 #20220317

購入時に「印紙税」「消費税」「登録免許税」「不動産取得税」とって、毎年、「固定資産税」とか、「車税」をとられる。やっぱり、消費税は、悪法だよね。自民党は、悪党だよね 

不動産のお仕事で登記があり。それを調べるために謄本とか取る際に、意味不明な印紙を買えとなり、窓口で買うのですが、あの係りの人も公務員だと思うと意味不明な仕事だし、そんな仕事よくしているなと思うし、現金しかダメって、まったく国民の為でもなんでもないのが役所

返信先:FF外から失礼します 自分も毎年そう思いますよ不動産取得したときも 不動産取得税払って毎年勝手に人の持ち物を査定して 紙切れ送りつけて期限までに払えって、そして 将来これを売ったらまた所得税と印紙税 マルチ商法と対してやり方変わらん💢 あっ、車もそう人の持ち物に何度も税金掛けるな💢

返信先:他にもね~ 書類作ったら罰金→印紙税 お金貰ったら罰金→印紙税 家買ったら罰金→不動産取得税 先祖代々の家売ったら罰金→不動産譲渡所得税 とか有るよ~