知っておきたい不動産売却の基礎をご紹介

不動産取引は、取引そのものの金額が大きいだけでなく、仲介手数料や登記費用などの諸費用が掛かります。
売却に伴う諸経費は、取引の金額に割合をかけるなどして計算しますが、もともとの金額が大きいだけに、数十万円やときには百万円を超えることもあります。
いくらで売れたらどれくらいの諸経費が掛かって、手元にはいくらの資金が残るかを、売却の契約をする前に、さらに言えばいくらで売るかを決める前に試算しておくと安心です。

不動産売却に関するお役立ちリンク

お客様にあったベストな方法を提案する不動産会社のサイト

千葉で不動産の売却なら

不動産売却にかかる費用

不動産売却にかかる費用 不動産取引では、仲介手数料や登記費用などの諸経費がありますが、売却の場合、所有権移転登記にかかる経費は買い手が支払うため、売り主側には登記費用が掛かりません。
ただし、ローンが残っていて、担保に入っている物件を売る場合、ローンを清算して抵当権を抹消するまでは売り主の責任になります。
不動産取引で、一番大きなウェイトを占めるのが仲介手数料です。
売却にあたって、不動産会社に専任媒介契約か、複数の会社に依頼する一般媒介契約のいずれかを選びますが、どちらの場合も、成功報酬で、買い手を見つけてくれた会社にだけ仲介手数料を支払うことになります。
専任でも、一般媒介でも、仲介料を払う先が変わるだけで、経費の総額には違いがありません。

不動産売却の際の仲介手数料

不動産売却の際の仲介手数料 不動産業者と媒介契約を結び、取引を仲介してもらった上で物件を売却した場合、取引が成立した時点で仲介手数料を支払う義務が発生します。
不動産の取引では、この仲介手数料をめぐってトラブルになることがしばしばあるので、売却をする際にはこの費用がどのようなものかをよく知った上で手続きに入りましょう。
不動産業者が顧客に対して請求できる仲介手数料には上限があり、これを上回る金額を請求した場合は宅地建物取引業法違反となります。
一方で、業者は上限を上回らない範囲であればいくらでもこの費用を請求することができますが、一般的な仲介業務の中で発生する費用はすべて仲介料として請求しなければならないため、売主は業者が交付してきた請求書の内容を細かくチェックする必要があります。
例えば、業者が入居希望者を案内する際にかかる費用や広告宣伝料を仲介料とは別に請求してきた場合は、その根拠を必ず尋ねましょう。
なぜなら、これらの費用は一般的な仲介業務の中で発生するものであり、仲介料に含める必要があるからです。
仲介料とは別に請求することができるのは、一般的な仲介業務では発生し得ない業務を、仲介依頼者からの求めに応じて行った場合に限られ、請求できる費用の範囲についても実費に相当する部分に限られています。

不動産につきまとうさまざまなリスクについて解説

不動産は家賃収入や値上がりによる売却益を期待できるため投資で人気ですが、その一方でさまざまなリスクがある点に十分注意する必要があります。 たとえば賃貸の場合は、入居者が少なくてあちこちが空き室になる可能性があります。空き室だと家賃収入がありませんので、想定した収益を下回る場合があります。立地が悪かったり競合の人気が高い場合は、特に気をつけないといけません。そうなると入居者を増やすため、ほぼ強制的に家賃を下げざるを得なくなります。 また、経年劣化により不動産が傷んでそれを修繕するために、多額の費用がかかる場合もあります。誰でも多少の傷みは覚悟しますが、思ってもみなかった傷みが出るケースはよくあります。屋根・外壁・階段・窓などは、長年経過するとどうしても傷みやすくなります。いざ傷んでから慌てないため、日頃から計画的に修繕費を積み立てておくのが一般的です。 不動産にはこれらのリスクがあるとわかったうえで投資することが大切です。

不動産の専任媒介契約とはどんな内容なのか

不動産売買では業者と「媒介契約」を結ぶことになります。この契約には3つの種類がありますが、ここでは「一般媒介契約」「専任媒介契約」の違いを確認していきましょう。これら2つの違いは「自分で買い手を見つけることができるかどうか」「依頼できる会社の数」「依頼主への販売活動の報告義務」「指定流通期間(レインズ)への登録義務」が主となります。一般媒介契約とは、複数の業者に仲介を依頼することができる契約です。依頼者が自力で買い手を探すことも可能で、その場合は業者の仲介を通さず取引し、仲介手数料をカットすることができます。売り手は比較的自由が利く契約ですが、業者からすると自分の会社が利益を必ず得られるとは限らないため、意欲的に買い手を探してくれない可能性があります。また、業者のレインズへの登録義務もありません。対して専任媒介契約の場合、売り手は複数の業者に仲介依頼することができません。ただ自力で買い手を探すことは可能で、不動産業者にとっても買い手にとってもメリットがあるバランスの良い契約になっています。

賃貸物件のオーナーは優れた不動産管理会社に依頼をすることがベストです

賃貸アパートやマンションなどを所有するオーナーにとって、最も大切なことは入居率になり当然ながら空室を減らすということが求められます。通常は不動産管理会社と契約を結んで入居者を募り物件の維持管理なども行ってもらう方法ですが、管理会社は同じ地域でも沢山の会社が営業をしていることが多いので、優れた管理会社を探すことは必須です。例えば入居率を高めるために努力をしている具体的内容や、付随するサービスの有無を調査する方法、24時間対応しているかどうかなども大切な情報になります。不動産管理会社は巡回といって、月に数回の管理物件の点検と清掃作業を行っていることが一般的です。清掃は共用スペースに限定されますが、入居者にとって常に綺麗で整理整頓されている物件は人気があるので、清掃や管理の質を判断する方法もあります。後は入居者からのクレーム対応になりますが、クレームに対してスピード感を持って誠実な対応を行っている管理会社であれば、オーナーは契約を結んでも安心して任せることができます。

日本で取得することができる不動産関連の国家資格の主な種類

不動産関連の国家資格にはさまざまな種類があります。その中でも特に身近であるといえるのが「宅地建物取引士」で、住んでいる地域内で営業している不動産会社にはこの資格の保有者が必ず居ます。土地や建物の購入・売却・貸借を行う際には、取引の専門家である宅地建物取引士の仲介が不可欠といえます。 マンションの管理運営を専門業者にまかせている場合、業者側から「管理業務主任者」や「マンション管理士」とよばれる者が派遣されてきます。これらはいずれも国家資格で、マンション管理やコンサルティングの仕事に就きたい場合には必須の資格です。 不動産関連の資格でもっとも取得が難しいといわれているのは、鑑定評価に関する専門家である「不動産鑑定士」です。国家試験に合格するためには2,000時間以上、期間にすると1~3年もの間勉強をして専門知識を身につけなければなりません。例年の国家試験の合格率は3~4割台ですが、受験資格が特に設けられておらず、年度によっては10代の合格者が出ています。

不動産関係の国家資格を取得するのに確保すべき勉強時間はどれくらいか

不動産関係の国家資格をとるためには、たくさんの勉強時間を確保しなければなりませんが、その長さは取ろうとしている資格の種類によって異なります。 例えば、不動産の売買や取引仲介の専門家である宅地建物取引士の場合、まったく何も知識がない状態から合格するために確保が必要な勉強時間は200~300時間程度といわれています。社会人になってからだと、仕事などの合間に勉強することになるので、資格取得を目指すことを決めたら半年以上は勉強のための期間を確保する必要があるでしょう。 この宅地建物取引士よりはるかにたくさんの時間が必要なのが、鑑定評価に関する専門家である不動産鑑定士です。こちらの場合、過去に国家試験に合格した人は試験当日までに2,000~3,700時間を費やしたといわれています。働きながらコツコツ勉強をしていくと仮定すると、最短の期間で合格を狙うにしても少なくとも2~3年程度は勉強のためのスケジュールを確保する必要があります。

新着情報

◎2023/7/4

情報を更新しました。
>不動産につきまとうさまざまなリスクについて解説
>不動産の専任媒介契約とはどんな内容なのか
>賃貸物件のオーナーは優れた不動産管理会社に依頼をすることがベストです
>日本で取得することができる不動産関連の国家資格の主な種類
>不動産関係の国家資格を取得するのに確保すべき勉強時間はどれくらいか

◎2018/7/20

価値は公示価格で決まる
の情報を更新しました。

◎2018/5/1

働くのに向いている人
の情報を更新しました。

◎2018/2/22

不動産売買で必要な書類
の情報を更新しました。

◎2017/12/18

不動産売却税を節税する
の情報を更新しました。

◎2017/9/22

売却の際の印紙税
の情報を更新しました。

◎2017/7/26

サイトを公開しました

「不動産 仲介」
に関連するツイート
Twitter

今日は鍵受け取り日で。そしたら仲介業者の私の担当、入院してた。昨日休みなのにメールやり取りしたからビックリ。そして内見からずーっと気になっている洗濯機前の通路が凹む件、不動産管理会社へ直接確認してくれって言われ、仕方なく連絡したら不具合報告来てないって😇具合悪かったとしても、これ

【緊急】 東京のオフィスを借りたいです! 東京で賃貸オフィスを扱っている不動産仲介会社を紹介ください🥹

《社会人必見》 働きながら賃貸不動産経営管理士を 取得した方のインタビューをご紹介 賃貸仲介営業の仕事をする中で 取得した理由や、 限られた時間の中での勉強方法も 掲載しております。 仕事をしつつ、 勉強をするのは大変ですよね。 合格者の勉強方法を…

例えば、不動産仲介業者や保険代理店などが代表的な例です。

業者システム使えなくてsuumoとかしかみてない自分よりリサーチ能力低い不動産仲介業者とか存在意味ある?そのくせ家賃1ヶ月分とか取ってくるのクソじゃない?